投資経営ビザ申請

visa

投資経営ビザとは、原則として外国人の方が日本で会社を設立して事業の経営を行う場合や、事業の管理を行う場合、その事業に投資して経営を行う場合などに取得する在留資格です。会社を設立できたとしても、経営ビザが取得できなければ運営を行うことができません。経営ビザは、会社設立後に入国管理局に申請するため、ビザの要件を押さえた会社設立が必要になります。設立時の書類、事業計画などは、いったんすべて丸投げでもOKです。当社の経営ビザ取得率は100%なので、安心してご依頼いただけます。

  • STEP1

    事業決まり

    短期滞在で入国(ビジネスビザ/旅行ビザなど),事業計画について行政書士と相談する。具体的な時間は指定可能。【テレビ会議可、郵送契約可】

  • STEP2

    委託契約

    プロジェクト設立 委託契約締結後コンサル費用として支払い

  • STEP3

    資本金

    事前資料準備& 外国為替会社登記資本金500万日円~

  • STEP4

    ビザ申請

    会社創立 在留資格証明書の申請

  • STEP5

    ビザ取得

    ビザを取得し、経営開始